カスタムメイド10.30

  1. Home
  2. レビュー
  3. カスタムメイド10.30

カスタムメイド 10.30両親の離婚で、広島とロンドンに離れ離れで暮らしていたマナモとみなもの姉妹。母親に引き取られ広島で育った姉のマナモはキャバクラでバイトする女子高生。母親が再婚したため今は一人で暮らしていたが、ある日、ロンドンにいた妹みなもが突然転がり込んでくる。10年ぶりに一緒に暮らし始めた2人は、ことあるごとに大げんかの毎日。そんな2人はある時、自称“天使”の不思議な2人組に出会う。彼らはなぜか、10月30日に広島市民球場で行なわれる奥田民生のライブにマナモを行かせようとするのだった…。

2004年10月30日、たった一晩だけ開催された奥田民生のライブ「ひとり股旅スペシャル@広島市民球場」。本作「カスタムメイド10.30」は、そのライブ映像に、木村カエラ主演の青春ドラマを融合させた作品です。

主演の木村カエラは本作が映画初主演。モデル出身ということでヴィジュアルが良いのはもちろんですが、初々しい演技がとても可愛い。しかも広島弁っていうのがね。広島の方からしたら彼女の広島弁は不自然なところがあると思いますが、そこを含めて可愛いっていうね。僕は特に木村カエラのファンっていうわけではありませんでしたが、本作で結構印象変わりました。

また、もう一人の主演である奥田民生。彼も相当格好良い。世代が違うということもあり、奥田民生のことはあまり知りませんが、彼の歌っているシーンは鳥肌もの。空気が変わるというか。緩い姿しか見たことが無かったので、歌っている姿があんなにも格好良いとは…。まさに”本物”という感じを受けましたね。

木村カエラといい、奥田民生といい、かなり良い意味で印象が変わりました。彼らのイメージビデオとしてはかなり成功している作品だと思います。そうイメージビデオとしては…。

ストーリーは正直言ってひどい。いきなり天使が登場するという突飛な設定自体どうかと思うけど、それは映画のメインなのでしょうがないとしても、グダグダな展開といい、流れを無視したかのように急に流れが変わったり、最悪なのはドラマ部分と奥田民生のライブの部分の融合が上手くいっていない。それら2つが同じ空間でのできごとであるということを印象づけるように途中途中子ネタが入るけど、正直言っておもしろくないショートコントを見せられているような気になる。ただ、ラストのライブシーンは良かった。マナモとみなもが奥田民生のライブを訪れるシーン。二人が歩いているのを何気なく自然に撮る、あの感じはとても好きですね。このシーンではドラマとライブがとても上手く融合していたと思うので、全編このような雰囲気で撮ったほうが映画としては良かったのかなと。

ただ、不思議に嫌な気はしない映画ではあります。リラックスしたいときにはゆるさがちょうど良い作品かも。それにしても、今思い返してみると結構いろんな人がでてたんですね。松山ケンイチ、加瀬亮、寺島進、安斎肇w

製作
2005年
日本
監督
ANIKI
出演
木村カエラ
奥田民生
西門えりか
前田綾花
松井涼子
松山ケンイチ
加瀬亮
小倉一郎
柳沢慎吾
寺島進
ミッキーカーチス
宮崎美子
安斎肇
カイヤ
加勢大周
伴杏里
鈴木正幸
千葉雅子
相楽のり子
ザ・たっち
石井克人
轟木一騎
三木俊一郎
達川光男

コメント(0)

コメントフォーム

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL
http://cinema.2inc.org/review/118.html/trackback

PageTop