イカとクジラ

  1. Home
  2. レビュー
  3. イカとクジラ

イカとクジラ

1986年、ブルックリン。16歳の兄ウォルトと12歳の弟フランクの両親は共に作家。しかし父バーナードはかつては脚光を浴びたものの、現在は落ち目。一方の母ジョーンは「ニューヨーカー」誌での華々しいデビューを控えた新進作家。そんなある日、兄弟は両親から離婚することを告げられる。兄弟は共同監護となり父の家と母の家を行ったり来たりの生活が始まる。やがて、弟はストレスから学校で奇行を繰り返すようになり、冷静に受け止めていたかに思われた兄もまた学校で問題を引き起こしてしまう…。

とある家族の離婚とその後を描いたシニカルドラマ。

コミカルで黄色いパッケージに少しおかしな家族の物語。観る前から勝手に「リトル・ミス・サンシャイン」のような映画かなと思い込み、また、期待していました。実際観てみると、2作は全く違った印象。家族のキャラクターなど似ている部分もありますが、「リトル・ミス・サンシャイン」が少し皮肉まじりのポップコメディだったのに対し、「イカとクジラ」は強烈にシニカル。それはブラックユーモアでは収まりません。

自分を理解しようとしない社会を見下す父親、その父親に心酔する長男、それらを許容することのできない母親、母親の唯一の見方である次男。離婚を機に家族が悪い方に転がっていく描写が見事。心情を表現しつつ客観的な姿勢を崩さないバランス感覚は監督の妙でしょう。

ただ、唯一気になったのは次男が壊れれていく部分での演出。壊れ方自体は考えられないものではなく深刻な様子を上手く描いていているのですが、飲酒をするシーンで毎回”いかにも”なBGMを流すのが理解できない。行動自体で表現できているのだから必要性がわかりません。本当に”いかにも”なBGMなので、一種のコントのように感じてしまいます。しかも天丼。

脚本やバランス感覚も素晴らしく、全体的には良作。ラストの”イカとクジラ”に感じるささやかな希望が心地良い。

製作
2005年
アメリカ
監督
ノア・バームバック
出演
ジェフ・ダニエルズ
ローラ・リニー
ジェシー・アイゼンバーグ
オーウェン・クライン
ウィリアム・ボールドウィン
アンナ・パキン
ヘイリー・ファイファー
ケン・レオン

コメント(0)

コメントフォーム

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL
http://cinema.2inc.org/review/121.html/trackback

PageTop