ジャーヘッド

  1. Home
  2. レビュー
  3. ジャーヘッド

ジャーヘッド プレミアム・エディション

祖父も父も“ジャーヘッド”という青年スオフォード。

18歳になり、海兵隊に入隊した彼は、新兵訓練という名の虐待に耐えきり、偵察狙撃隊STAの候補に抜擢される。過酷な訓練の末、60名の候補者から絞り込まれた8名に残ったスオフォードは、1発の銃弾に命を賭けるエキスパートへと成長していく。そんな折、CBSニュースがイラクのクウェート侵攻を告げる。出撃の時を前に、アドレナリンを発散させる若き兵士たち。ついにスオフォードの戦争が始まろうとしていた。

本国アメリカで評論家に絶賛され大ベストセラーとなった「ジャーヘッド アメリカ海兵隊員の告白」は、実際に湾岸戦争に参加した青年が記したノンフィクション小説で、ただの英雄伝ではなく、戦場・兵士の”真実”を克明に描いたことで評価された作品です。本作は、そのような作品を映画化したものであるためか、これまでの戦争映画とは少し違った雰囲気を持っています。

初めは仲間の卑猥な会話に耳を塞いでいるような文系の主人公スオフォードが、教官の厳しい暴言を受け、虐待に近い作業を行わされ、過酷な訓練を繰り返し、仲間と行動を共にするうちに、自らも卑猥な会話に加わるようになり、”頭を撃ち抜いてみたい”と思うように変貌していく。これらの過程がムリなく、非常に説得力があるので、スオフォードの変貌ぶりにも、自然と納得してしまいます。

実際に戦場に赴き、恐怖のためか、帰ったら海兵隊を辞めると話すスオフォード。しかし、実際に除隊してみると、残ったのは虚無感ばかり。この虚無感は映像だけで表現されるのですが、とても上手い。映画を観終わった後、何故かこちらも虚無感を感じてしまいました。やはり、本作は、事実をありのままに描くということに徹しているため、説得力があり、知らず知らずのうちに、私も映画に引き込まれていたのでしょう。このあたりは、サム・メンデス監督の力量によるところも大きいと思います。

戦争映画というと、戦闘シーン満載のアメリカ万歳映画か感動シーン満載の反戦映画が多数を占めているという印象があります。それに比べ、「ジャーヘッド」は戦闘シーンも少なく、感動シーンもありません。一人の青年兵士の視点を通し、いかに”実際の現場”を描くかということに徹しています。映画の大半は訓練と海兵隊員のバカ騒ぎの描写ばかりだし、やっと戦闘が開始されると、主人公は恐怖で立ちすくみ、小便を漏らし、嘔吐します。先に進んでも、あるのは空爆で焼け焦げた死体ばかり。結局、一度も銃を撃つこともない。しかも、これらのストーリーは、特に演出で盛り上げられることなく、あくまでドライに描かれます。人間描写や現場(戦場)描写が非常にリアルな分、このドライさが映画であることを忘れさせます。

出演者も役柄にマッチしている人が多く、そういう意味でもリアリティがあります。スオフォードを演じるのは「デイ・アフター・トゥモロー」のジェイク・ギレンホール。上手すぎです。心理の変化もそうですが、顔が良い。ハンサムという意味でなくて、役者としてというか、海兵隊員としてというか。中盤でみせる”ぶちギレ”の演技は演技であることを忘れてしまいます…。
また、上官の役を演じたジェイミー・フォックス。私はあまりジェイミー・フォックス好きではなかったのですが、それを差し引いても充分すぎるほどの演技力。ホントに演技の幅が広いなぁ。
他にも、ピーター・サースガードとかブライアン・ジェラティとかハマリ役すぎだし、「24」の”デイヴィッド・パーマー大統領”も出演してたり。もちろん大統領役ではないですけど。

123分と長めの映画ですが、テンポが良いのと引き込まれるのとが相まって、そんなに長ったらしく感じませんでした。意外に何度も観れる映画かも。
でも、あのDVDのパッケージは違うよな。あれだと普通のハリウッド戦争映画を連想してしまう。もう少し”ジャーヘッドらしい”パッケージにすれば良かったのに。

製作
2005年
アメリカ
監督
サム・メンデス
出演
ジェイク・ギレンホール
ピーター・サースガード
ルーカス・ブラック
クリス・クーパー
ジェイミー・フォックス
ブライアン・ケイシー
ジェイコブ・ヴァーガス
クリスティン・リチャードソン
エヴァン・ジョーンズ
ジェームズ・モリソン
ブライアン・ジェラティ

コメント(0)

コメントフォーム

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL
http://cinema.2inc.org/review/60.html/trackback

PageTop