ナイト・オブ・ザ・スカイ

  1. Home
  2. レビュー
  3. ナイト・オブ・ザ・スカイ

ナイト・オブ・ザ・スカイ

イギリスで行なわれた航空ショーに参加したフランス空軍の戦闘機ミラージュ2000が予定外の飛行ルートを取り、そのまま姿を消してしまう。たまたま地域をパトロール中だったマルシェリ大尉とヴァロワ大尉の2機が間もなく問題のミラージュを発見、そのまま壮絶なドッグファイトへと突入する。一瞬のスキをつかれてヴァロワが後ろを取られ、ロックオンされる。そのとき、本部から敵機攻撃中止の命令が入るが、敵機がそのまま射撃を開始しようとするのを見て、マルシェリはやむを得ず敵機を撃墜する…。

「Taxi」のジェラール・ピレスが監督を務め、フランス空軍の全面協力の元に完成した作品。フランス空軍が全面協力というだけあって、飛行シーンはかなりの出来です。CGをほとんど使わず、可能な限り実写にこだわった映像は感涙ものです。飛行シーンのみならず、戦闘機の爆破シーンも実写です。俳優が戦闘機にのっているのがよりリアルに見えるように、クレーンにコクピットの模型をつるして、そのなかに俳優が入り、ぐるぐる回しながら撮影するなど、”本物”の映像を撮るためにかなり力を入れています。

撮影方法にもこだわりがあったようで、結構な数のカメラを戦闘機に取り付けて撮影していたようです。なので、様々なバリエーションの映像があって、単調にならないので、全く飽きがきません。しかも結構接近してのショットもあったり、スピード感もかなりのものなので、非常に迫力があります。

ストーリーについては、各所で結構批判の声があるようですが、個人的にはそう悪いものだとは思いませんでした。漫画が原作らしいので、多少漫画っぽい感じがしないでもないですが、この手の映画としては充分満足できるものだと思います。結構しっかりしていますし。

まぁ、ともかく、「ナイト・オブ・ザ・スカイ」は戦闘機ファンの僕にとってはかなり素晴らしい映画でした。もう最初のシーンから鳥肌ものです。DVDも購入してしまいましたし、永久保存版です。ほとんど文句のつけようがないですが、欲をいうならもっと戦闘シーンがみたかったかな。個人的には、「トップガン」より好きな感じでした。やっぱりフランス映画、良いですなぁ。

製作
2005年
フランス
監督
ジェラール・ピレス
出演
ブノワ・マジメル
クロヴィス・コルニアック
ジェラルディン・ペラス
アリス・タグリオーニ
フィリップ・トレトン
ジャン=バティスト・ピュシュ
クリストフ・レモン
フィオナ・カーゾン
ジャン=ミシェル・ティニヴェリ
フレデリック・ヴァン・デン・ドリーシュ
エリック・プーラン
ピエール・ポワロ
ピーター・ハドソン

コメント(0)

コメントフォーム

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL
http://cinema.2inc.org/review/78.html/trackback

PageTop