ストレイト・ストーリー

  1. Home
  2. レビュー
  3. ストレイト・ストーリー

ストレイト・ストーリー

アルヴィンは、娘と2人暮らしの老人である。すでに体にはガタがきており、医者からもいろいろと注意を促されていた。

その彼のもとに兄が心臓発作で倒れたと連絡が入った。彼は時速8キロのポンコツトラクターで、560km離れた兄のもとへと向かうのだった…。

奇才デイヴィッド・リンチ監督が描く、実話を元にしたロード・ムービー。

デイヴィッド・リンチ監督といえば、「ロスと・ハイウェイ」「マルホランド・ドライブ」など、非常に難解な映画をつくる監督というイメージがありますが、「ストレイト・ストーリー」は非常にシンプルで、純粋な映画でした。73歳の老人が、脳卒中で倒れた兄に会いに行くために、時速8キロのトラクターで560kmの旅に出る。ただそれだけ。もちろん、途中途中でハプニング等ありますが、構成自体とてもわかりやすいです。

音楽が素晴らしい。とても心地よくて、映画の雰囲気と、とてもマッチしています。カメラワークも良い。ゆったりとしていて、自然で、優しい感じがします。そして、役者の演技。主人公を演じるリチャード・ファーンズワースはとてもに自然。特に表情がなんとも言えません!ホントに役者の極みです。彼が出す雰囲気自体がこの映画と言っても良いのでは。彼は主人公そのものであり、アルヴィン・ストレイトを演じれるのは彼しかいなかったでしょう。他にも、シシー・スペイセクやハリー・ディーン・スタントンなど周りを固める役者も完璧でした。

ところどころで現れるシュールな笑いもgood。鹿のくだりは最高です。このシーン以降、トラクターみるたびに笑えます。

この映画に関しては文句の付け所がありません。純粋な気持ちで見ることの出来るスロームービーです。

製作
2001年
アメリカ
監督
デイヴィッド・リンチ
出演
リチャード・ファーンズワース
シシー・スペイセク
ハリー・ディーン・スタントン
ジェームズ・カダー
ウィリー・ハーカー
エヴェレット・マッギル

コメント(0)

コメントフォーム

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL
http://cinema.2inc.org/review/82.html/trackback

PageTop