☆☆☆

  1. Home
  2. ☆☆☆

荒野のマニト

荒野のマニト

ひょんなことから“血の兄弟”の契りを交わしたレインジャーとアパハチのふたりが、自分らの汚名を晴らすため、秘宝を探して大冒険に出かけるが…。

続きを読む

トーク・トゥ・ハー

トーク・トゥ・ハー リミテッド・エディション

病室のベッドに横たわる若くて美しい女性アリシア。彼女は4年前に交通事故に遭い、以来昏睡状態に陥ったまま一度も目覚めることはなかった。看護士のベニグノは4年間彼女を世話し続けるとともに、決して応えてくれることのない相手に向かって毎日語り続けていた。一方、女闘牛士のリディアもまた競技中の事故で昏睡状態に陥っている。彼女の恋人マルコは突然の事故に動転し悲嘆にくれていた…。

続きを読む

ラン・ローラ・ラン

ラン・ローラ・ラン

午前11時40分、ベルリンにあるローラの家の電話が鳴る。電話の相手は裏金の運び屋をしている恋人のマニだった。その声は絶望と恐怖に満ちており、「ローラ、助けてくれ!ボスの金、10万マルク失くした。12時までに金をつくらないと殺されてしまう」と電話口で嘆いている。残された時間は20分。ローラは受話器を投げ出し、お金を工面するため、マニの命を救うために街へと飛び出した。果たして、マニとローラの運命は…。

続きを読む

バッファロー・ソルジャーズ 戦争のはじめかた

バッファロー・ソルジャーズ 戦争のはじめかた

ベルリンの壁崩壊を目前にした1989年の西ドイツ。米ソの緊張緩和も続いていたことから、ここシュツットガルトの米陸軍基地でも平和ボケ状態に陥っていた。レイ・エルウッドはこの基地で補給部隊に所属していた。頭の切れるエルウッドは、その立場を利用し、闇ルートを通じて軍の物資を横流しするのは当たり前、さらにはヘロインの精製と密売にも関わる問題分子。そんなある日、軍の浄化を掲げたリー曹長が新たに着任、さっそくエルウッドをマークする。困ったエルウッドは、相手の出方をうかがおうと、リー曹長の娘ロビンに近づくのだが…。

続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド

ショーン・オブ・ザ・デッド

何事にもやる気を出さず、毎日親友のエドとパブ通いのショーン。

そんなある日、長年の恋人リズもついに愛想を尽かしてしまう。ショーンは、リズとヨリを戻すため、これまでのだらしない生活を改めようと決意する。しかし、そうこうしている間に街はゾンビで溢れかえり…。

続きを読む

スロウマップ

スロウマップ

どこからともなく長崎へやってきた2人組の風来坊、ユーイチとススム。全財産は37円。ススムが空腹でバッタリ倒れたとき、そこに救いの女神が現れた。古い一軒家に住むヤヨイである。3人はすぐに意気投合。「しばらくここで暮そう」と、2人はヤヨイ宅の庭にテントを張った。商店街でバイトをはじめ、遊ぶときはいつも3人一緒。幸せで安らぎに満ちた時間が流れていく中、3人の関係も微妙に変化していく。ユーイチは探し求めていた”大切なもの”を、とうとうこの街でみつけたのだ。そしてある日…。

続きを読む

ダブリン上等!

ダブリン上等!

刑事からも目をつけられているチンピラ、レイフ。彼はカフェの女店員の顔面にパンチして金を奪う!ジョンはデイドラの気持ちを試すために別れ話を持ち出す。しかし、あっけなく破局。デイドラは早速、妻子持ちの男性と同棲を始めてしまう。バスの運転手ミックは、ある少年のいたずらが原因で事故を起こし、解雇されてしまう。仲間内からも煙たがられている刑事、ジェリー。かれはレイフを逮捕しようとつねに目を光らせている…。ダブリンを舞台に、様々な人間たちの行動がとんでもない方向へと進んでいく!!

続きを読む

大いなる休暇

大いなる休暇

カナダ・ケベック州の小さな島、サントマリ・ラモデルヌ島はかつて漁業に栄え、漁師たちの活気に溢れていた。しかし、その繁栄も虚しく、いまやほとんどの島民は、わずかな失業手当に頼る生活を余儀なくされている。そこへある日、大規模なプラスチック工場誘致の話が持ち上がる。しかし、工場建設には1つ重大な条件が。それは島に定住する医師がいること。しかし、サントマリ島には医者がいないのだ。ところが、ひょんなことから医者が1ヶ月間のバカンスにやってくることになった。島民たちは医者が島を好きになるように、そして定住するように、一致団結して大芝居を打つのだが…。

続きを読む

せかいのおわり

せかいのおわり

バイセクシャルの三沢が店長を務める盆栽ショップ”苔moss”。そこで働くナンパ男、慎之介。ある日、彼氏に捨てられ宿無しとなった慎之介の幼なじみ、はる子が、店に転がり込んでくる…。

続きを読む

サラ、いつわりの祈り

サラ、いつわりの祈り

平穏で幸せな毎日を送っている7歳の少年ジェレマイア。ある日、そんな彼の前に突然実の母親であるサラが姿を現わす。実は、ジェレマイアは小さいころから里親に育てられていたのだった。サラは相変わらずドラッグや売春に手を染め、荒れた暮しから抜け出せずにいた。各地を転々とし、男を次々と変えていくサラの自由奔放な生き方に馴染めず、そのうえ激しい虐待も受けるジェレマイア。それでも、サラは彼女なりの形で息子に愛情を示し、ジェレマイアも少しずつ新しい生活に慣れていくのだが…。

続きを読む

PageTop