ドキュメンタリー

  1. Home
  2. ドキュメンタリー

ノーマニフェスト for UESHIMA

ノーマニフェスト for UESHIMA [DVD]上島竜兵46歳、村長選出馬!?

突然選挙に立候補した上島竜兵をアメリカのテレビ局が密着取材するというフェイクドキュメンタリー。途中、あまりのバカバカしさに演技中ながら笑い出してしまう上島竜兵と竜兵会の面々。ついつい釣られて大笑いしてしまった。そこで撮影を切らない監督も素晴らしい!フェイクながら妙にドキュメンタリーのリアルさを感じるのも、そのような撮影環境だったからだろう。

予算の関係か少々チープであるのは否めないものの、ある意味強烈に風刺の効いた面があるのも興味深い。ただ、終盤は詰めが多少甘いのでは。

選挙

選挙電柱にもおじぎせよ!3秒に1回名前を連呼せよ!

もはや選挙には本来あるべき清く正しい理念など存在せず、利権のある人間のための私欲のみが存在している。ただ名前を叫び、頭を下げ、顔を覚えてもらうだけの選挙に何の意味があるのだろうか。そこに巻き込まれてしまった主人公はまさに悲劇としか言いようが無い。

ブリッジ

ブリッジ

美しく荘厳なフォルムで見るものを魅了するサンフランシスコの巨大吊り橋“ゴールデンゲートブリッジ”。アメリカを代表する観光名所として知られるこの橋は、自殺の名所という暗いもう一つの顔を持っていた。本作は1年間に渡って橋の両岸にカメラを据え、自殺を図る人々の姿を捉えるとともに、かつてそこで自殺した人の遺族や友人へのインタビューを通して命を巡る様々な問題を問いかける衝撃の社会派ドキュメンタリー。

続きを読む

デート・ウィズ・ドリュー

デート・ウィズ・ドリュー

6歳のときに見た「E.T.」でドリューに夢中になったブライアンは、現在無職の27歳。お金もなく、恋人もなく、明日の希望さえない。そんな彼が幸運にもクイズ番組で賞金1100ドルを獲得した。しかも、優勝をかけた最後の質問の答えが”ドリュー・バリモア”。運命を感じたブライアンは、1100ドルを生活費として使うのではなく、「ドリュー・バリモアとデートする」という長年の夢の実現を追ったドキュメンタリー映画の撮影資金として利用することにした。

続きを読む

ジャッカス・ザ・ムービー

ジャッカス・ザ・ムービー 日本特別版 スペシャル・コレクターズ・エディション

米CS放送史上最高視聴率を記録した番組「ジャッカス」。今作はその過激で危険なバラエティ番組の劇場版。

本国アメリカでは、多くの人がマネをして大怪我を負い、社会問題にまで発展した。

続きを読む

PageTop