ドラマ

  1. Home
  2. ドラマ

リンダリンダリンダ

リンダリンダリンダ

とある地方都市にある芝崎高校。この高校の唯一の目玉は、派手な文化祭・ひいらぎ祭だった。その前日。恵、響子、望の3人は途方に暮れていた。高校生活最後の文化祭に向けて、オリジナル曲を作って練習を重ねてきたのに、ライブまであと3日という時になってギターの萠が指を骨折、ブチ切れたボーカルの凛子まで抜けてバンドが空中分解してしまったのだ。そしてひょんなことから、韓国からの留学生ソンがバンドのボーカルになることに…。

続きを読む

父、帰る

父、帰る

母とささやかに暮らしていた二人の兄弟のもとに、12年間家を出ていた父親が帰ってくる。

二人は父親とともに旅行に出かけることになるが、どうしても父親の存在を受け入れることができない次男は反抗を強めていくのだった…。

続きを読む

ストレイト・ストーリー

ストレイト・ストーリー

アルヴィンは、娘と2人暮らしの老人である。すでに体にはガタがきており、医者からもいろいろと注意を促されていた。

その彼のもとに兄が心臓発作で倒れたと連絡が入った。彼は時速8キロのポンコツトラクターで、560km離れた兄のもとへと向かうのだった…。

続きを読む

夏休みのレモネード

夏休みのレモネード

1976年、シカゴ。カトリックの家庭に育つ8歳のピートは大家族の中で元気に暮らしていた。2年生の終わり、やんちゃなピートは、シスターから「このままでは地獄行きになりますよ」と言われてしまう。そんな時、兄シェイマスから、異教徒をカトリックに改宗させれば聖人になって天国に行ける、と聞き、 早速ユダヤ教の教会堂へ通い始めるピート。やがて、教会のラビと顔馴染みになったピートは、ある出来事をきっかけにラビの息子ダニーとも仲良くなるのだったが…。

続きを読む

ランド・オブ・プレンティ

ランド・オブ・プレンティ スペシャル・エディション

アメリカで生まれ、アフリカとイスラエルで育った少女ラナは、10年ぶりに故郷アメリカに帰ってきた。長年あっていない伯父に亡き母の手紙を届けるために。伯父ポールは誇り高き自由の地、アメリカを一人で守ろうとしている。ヴェトナム戦争のトラウマに悩まされ、友人もなく、家族もいない。アラブ系のホームレスが殺される現場に居合わせた二人は再会する。ラナはその遺体を家族のもとに届けるため、ポールは事件の真相を突き止めるため、一緒にアメリカを横断するたびに出る。ロサンジェルスから最果ての地トロナを経て、夢と悲しみの街ニューヨークまで。

続きを読む

ボム・ザ・システム

ボム・ザ・システム

ニューヨーク。“ブレスト”の愛称で知られる19歳のアンソニー・カンポーは、地元のシーンで最も注目を浴びているグラフィティ・ライター。彼は今夜もクルーと共に、盗んだペンキを使って、ストリートの壁という壁に、自分のアートを表現しつづける。ニューヨーク市警察の“ヴァンダル・スクワッド”(落書き取り締まり班)ボビー・コックスは、日々グラフィティ・ライターを捕まえようと目を光らせていた。そんなある日、アンソニーの仲間のルーンがコックスに逮捕されてしまう。それをきっかけに、ブレストの周りの状況は、徐々に悪い方向へと進んでいく…。

続きを読む

サラ、いつわりの祈り

サラ、いつわりの祈り

平穏で幸せな毎日を送っている7歳の少年ジェレマイア。ある日、そんな彼の前に突然実の母親であるサラが姿を現わす。実は、ジェレマイアは小さいころから里親に育てられていたのだった。サラは相変わらずドラッグや売春に手を染め、荒れた暮しから抜け出せずにいた。各地を転々とし、男を次々と変えていくサラの自由奔放な生き方に馴染めず、そのうえ激しい虐待も受けるジェレマイア。それでも、サラは彼女なりの形で息子に愛情を示し、ジェレマイアも少しずつ新しい生活に慣れていくのだが…。

続きを読む

そして、ひと粒のひかり

そして、ひと粒のひかり

コロンビアの小さな田舎町に住む17歳の少女マリアは、家計のためにバラ農園でトゲ抜きのバイトをしているが、些細なことから仕事をやめることに。そして、ボーイフレンドの子どもを妊娠していることも発覚する。そんなある日、パーティで知り合った若者から、麻薬を胃の中に飲み込み、ニューヨークへ密輸する仕事を紹介される。いったんは躊躇するマリアだったが、一度運べば最大5000ドルという想像もつかない額の報酬に仕事を引き受けてしまう。そして彼女は、袋が体内で破れたら死んでしまう危険を知りつつ、62粒の麻薬を飲み込んだ…。

続きを読む

サイドウェイ

サイドウェイ〈特別編〉

小説家志望の中年教師マイルスは、2年前の離婚のショックからいまだに立ち直れないでいる。ようやく書き上がった小説も、正式に出版されるか否か、出版社の返事待ちだ。でも、そんなダメ男マイルスも、ことワインに関しては深い知識と愛情を持っていた。マイルスには、大学時代からの悪友ジャックがいる。だいぶ落ちぶれたとはいえ、かつてはテレビドラマにレギュラー出演するほどの人気タレントで、プレイボーイ。恋愛には全く不器用なマイルスとは真逆の存在だ。そんなジャックもとうとう結婚すること。そこで二人は結婚式前の1週間、二人してワイン・ツアーと洒落込むことにした…。

続きを読む

ニライカナイからの手紙

ニライカナイからの手紙

「風希、お誕生日おめでとう…」涙を必死にこらえながら竹富島の船着場で母、昌美を見送った6歳からずっと、風希と母をつなぐものは、毎年誕生日に送られてくる手紙だけだった。竹富島で祖父とふたりで暮らす風希。やがて、父の遺品のカメラで写真を撮り始めた彼女は、カメラマンになることを夢見ながら、母のいる東京への思いを募らせていく。そんな中、風希は19歳の誕生日を迎える。忙しさから自分の誕生日さえ忘れていた風希の元に、今年も母、昌美からの手紙が届く。そして、1年後…。

続きを読む

PageTop