青春

  1. Home
  2. 青春

サマーウォーズ

サマーウォーズ [DVD] 「つながり」こそがボクらの武器。

平凡な主人公が騒動に巻き込まれるが、仲間とともに世界を救うことになる的な作品かと思いきや、主人公は数学の天才であり、登場する仲間も天才・凄腕ばかり。表面はさわやか青春映画を気取っているが、こんなんじゃ一夏の思い出を体感した気になんてなれないよ・・・。展開も予定調和だし、全体的に浅い。といいつつ、それなりに楽しんでしまったわけだが。アニメだからか?

俺たちに明日はないッス

俺たちに明日はないッス デラックス版 [DVD] 今じゃなきゃダメなんだッ!

誰もが通ったであろう、妄想したであろう、青春の生々しく目をそらしたい、忘れたい部分のみで構成された79分。常に嫌悪感を感じつつも最後まで目が離せない。だって性春だもの。ヤリたい盛りの17歳童貞の代名詞となる主人公の不快さも相当なものだが、彼が少し”男”になるラストシーンは気持ちが良い。性春→青春メソッド。

アキハバラ@deep

アキハバラ@DEEP [DVD] 僕たちは最強となる!

ギークvsスーツという構図は大好きなものの、サーバくらいデータセンタに置けよとか、あんな糞重そうなサイト誰も使わないだろとか、あんな貧弱そうなサーバ1台じゃサーチエンジンの運用なんて不可能だろとか、リリース前日になんで社員誰もいないんだよとか・・・。そもそも終盤はギークでもスーツでも無いし。この手の作品てなんでこうも雑なんだろ。それにしても、佐々木蔵之介の巧さは異常。

百万円と苦虫女

百万円と苦虫女 [DVD] 百万円貯まったら、この家を出て行きます。

各地を転々とするストーリー展開が、薄いストーリーを引き延ばすためだけの苦肉の策に見えてしまう。まぁ引っ越しが重要なファクターであることはわかるけども。展開や演出があまりにも少女漫画的だし、言われなくてもわかっていることをわざわざ台詞で発表されても・・・。ここは喪女を主演にするべき。

ガチ☆ボーイ

ガチ☆ボーイ【スタンダード・エディション】 [DVD] アタマはどんなに忘れても、カラダは昨日のボクを忘れない。

TV局製作作品らしく、やはりベタベタで臭い場面が多いものの、ある程度デフォルメされたキャラクターは青春コメディものとしては魅力的なものだったし、最後のプロレスシーンは熱くなるものがあった。ただ、主人公の記憶障害は一切回復していないため、なんだかスッキリしないものが残ってしまった。どうせベタドラマなのだから、なんらかの場面で回復させても良かったのでは。それにしても仲里依紗は萌える。

転校生 さよならあなた

転校生 さよならあなた ココロとカラダが入れ替わった!?

青春映画の代表作「転校生」を25年ぶりに大林監督自らがリメイクした本作。 前半は前作同様、男女の身体が入れ替わることで話が展開するシチュエーションコメディなのだが、後半は突然の鬱展開。しかも何故か詳細をハッキリさせないものだから最後の最後まで物語を信用することが出来ない浮ついた印象となってしまった。

しかしあの雰囲気、ヒロインの歌はズルい。僕は大好きです。

カスタムメイド10.30

カスタムメイド 10.30両親の離婚で、広島とロンドンに離れ離れで暮らしていたマナモとみなもの姉妹。母親に引き取られ広島で育った姉のマナモはキャバクラでバイトする女子高生。母親が再婚したため今は一人で暮らしていたが、ある日、ロンドンにいた妹みなもが突然転がり込んでくる。10年ぶりに一緒に暮らし始めた2人は、ことあるごとに大げんかの毎日。そんな2人はある時、自称“天使”の不思議な2人組に出会う。彼らはなぜか、10月30日に広島市民球場で行なわれる奥田民生のライブにマナモを行かせようとするのだった…。

続きを読む

花とアリス

花とアリス 特別版

明るく素直な花と気ままで自由奔放なアリスは、幼なじみの中学生。2人はいつでも何をするにも一緒だった。だが、花に訪れた初恋が、いつしか2人を変えていく。落語の「寿限無」の完全制覇に余念のない宮本に恋をしてしまった花は、一瞬のチャンスを見逃さず、みずからの恋のために邁進していく。そして花に協力していたアリスは、そのなかで宮本と急接近してしまい、宮本はアリスに一目惚れ。そしてアリスも、宮本にほのかな恋心を抱くようなる。友情と恋の狭間に悩みつつ、大人への階段を少しずつ登り始める2人は…。

続きを読む

サムサッカー

サムサッカー 17歳、フツーに心配な僕のミライ コレクターズ・エディション

オレゴン州郊外に住むジャスティンは、17歳にして、いまだ「親指を吸うクセ(サムサッキング)」が治らず悩んでいた。おかげで父親には怒られ、好きな子にも愛想をつかされてしまう。そんなある日、知り合いの歯医者ペリーが「本気で指しゃぶりを直したいか?」と聞いてくる。ジャスティンは、彼に言われるまま「親指が苦くなる」催眠術をかけてもらう。おかげで親指しゃぶりは止められたものの、サムサッキングという精神安定剤を失ったジャスティンは、ますます不安がつのり挙動不審に。

続きを読む

がんばっていきまっしょい

がんばっていきまっしょい

1976年、松山。高校入学を控えた悦子は、家出をして海岸に来ていた。そこで、逆光にきらめくボートを見る。高校に入ると、悦子はボート部に入ろうとするが、高校には男子のボート部しかなかった。そこで、悦子は自分で女子ボート部を設立する。やがて何とか4人のメンバーを揃えることができたのだが…。

続きを読む

PageTop